パワーストーンイメージ

パワーストーンのアクアマリンを婚約のお祝いでいただきました

幸福な結婚を象徴するパワーストーンとして知られるアクアマリンを婚約のお祝いにいただきました。
アクアマリンは天使の石と呼ばれ、美しい若さと幸せな喜びを象徴すると言われています。
また、子宝の石とも呼ばれるそうです。
婚約のお祝いで、彼のお母様からアクアマリンのペンダントヘッドをいただきました。
私は3月生まれでアクアマリンは誕生石ですし、水色がとても好きで普段着る服や車やバッグなど水色で揃えている私にとって、本当に嬉しいプレゼントでした。
これをいただいた事で、彼の家族からあたたかく迎えられているのだなという実感が持てましたし、やさしい水色は優しい彼のお母様の心を表しているようで心にじーんと来ました。
強い色の石も好きですが、淡い水のような色合いの石は心を和ませてくれますし、この石を見ているとイライラが収まって穏やかな心を取り戻せるようです。
水のように流動的に新しい環境にも適応するようにとの願いもあったのかも知れません。
この石は、私には夜のイメージはありませんでしたが、意外にも夜になるといっそう輝きを増すそうです。
そのため「夜の女王」と呼ばれる事もあるそうです。
またそのことから、人生の暗闇や壁に当たった時に人生を照らしてくれるというパワーがあるそうです。
また、月の光を受けて輝くという特性を持つ事から、別名「人魚石」と呼ばれる事があるそうです。
水を意味する「アクア」と海を意味する「マリン」という名の通り、石の色は清らかで穏やかな海のようで、いつまで眺めていても飽きません。
そのため航海のお守りとして使われる事もあったそうです。
また神話では、海の精の宝物が浜に打ち上がって宝石になったと言われているそうです。
また古代ローマでは、月の女神「ディアナ」の石と言われていたそうです。
先に、幸せな結婚を象徴するパワーストーンだと書きましたが、結婚を控えた女性への贈りものとしてほんとうに最適だと思います。
この石にまつわるさまざまないわれも大変素敵でロマンチックですし、アクアマリンをいただいて本当に幸せな気持ちになりました。
この石の持つパワー通り、毎日とても癒されています。
彼とこの石とともに、幸せな結婚生活を送っていけそうです。

ところでみなさんは結婚指輪や婚約指輪に使われているダイヤモンドもパワーストーンの一つだということをご存知ですか?
宝石として知られている石の多くもパワーストーンらしいです。

近年、人気を集めているパワーストーンを欲しいけどどの種類を選べばよいのかわからないという方が結構いるようです。
そんな方におすすめのサイトがあります。
パワーストーン選びのコツです。
こちらをご覧いただければパワーストーン選びがスムーズにできるようになるでしょう。

また、贈り物にも最適http://www.q-cards.jp/wagako.htmlなので、大切な人への贈り物に選んでみてはいかがですか?

Copyright(C) 2010 石のパワー.com All Rights Reserved.